共有型の登場でCDショップはどうなる?

CDショップは一部のファンに愛されるようになっていく
さまざまなものが劇的な変化をとげる度、多くの販売店が打撃を受けます。音楽においても同様のことが言え、音源がダウンロードで買える現在、CDショップの売上はかなり減ってきており、ひと昔前と比べて苦しい状況です。

そして共有型の音楽、いわゆるストリーミング配信サービスが登場したことにより、「音源を販売する」ということ自体が衰退しつつあります。もはや、曲を買うという行為そのものが、過去のものになりつつあると言えるでしょう。

定額制のものに入り、毎月少しのお金を払うだけでいくらでも音楽が聞ける世の中で、CDショップの存在意義はますます薄れてきています。レコードショップのように、近い将来には一部のファンをのぞいて足を運ばなくなるでしょう。

とはいうものの、CDで育った世代がいる限り、すぐに消えることはありません。むしろ、CDショップならではの特典などをつけることにより、狭く深くコアな音楽ファンたちを満足させる場所として機能するだろうと予想されます。

ただ、ストリーミング配信サービスで育った若い世代を取り込むことは、おそらく不可能でしょう。今後、CDショップが相手にするのは若い世代ではなく、「昔からの音楽ファン」たちにしぼられていくのではないでしょうか。

△PAGE TOP