紙の書籍にはないメリット

いつでもどこでも何冊でも持てる!読める!!
電子書籍は、紙の本とはかなり利用方法が異なり、データならではの便利さがあります。特に「携帯する」という面では他のどの媒体よりも優れていると言えるでしょう。では、実際にどのようなメリットがあるか紹介します。

まず、データであるのでかさばることがありません。基本的には何冊持ち運ぼうが、電子書籍リーダーやスマートフォンが一台あれば問題ないです。紙と違い、旅行の際に持っていく数を制限されないのは大きな利点でしょう。

また、一度購入してしまえば半永久的に読めるもので、端末内から一度消去してしまっても、購入したストアで再度ダウンロードすることが可能です。紙の場合は捨ててしまえば、もう一度買い直す以外にないでしょう。

さらに、購入の際もわざわざ本屋まで行く必要もありません。家にいながらにして、欲しいと思ったものを欲しいと思ったときに手に入れることができます。近くに本屋がない方々にとっては、本当にすばらしいことでしょう。

上記のように、電子書籍は数多くのすばらしいメリットがあります。ただ、本そのものを購入することはできませんし、買う前に本の中身を(序章以外も)確認することもできないため、所有したい層には合わないかもしれません。

△PAGE TOP