電子書籍は借りもの!?

買っているのは書籍ではなく「読む権利」
スマートフォンの普及とともに、書籍もデータ化がすすみ、電子書籍という形で販売されるようになりました。多くの利用者は、電子化された書籍そのものを買っているという感覚かもしれませんが、実態は違います。

実は、電子書籍というのはあくまで「データを利用する権利」を購入しているのであり、書籍自体を買っているわけではありません。ですから、勝手にコピーをとったり人に貸したりといった行為はしていけないことになっています。

また、なにかの理由で電子書籍をあつかうストアがサービスを停止してしまった場合、購入した書籍を読めなくなってしまうことも少なくありません。ようするに、電子書籍とは「半永久的なレンタル」のようなものです。

よって、本当の意味で本そのものを購入したいなら、今は紙の書籍を買うしかありません。今後、本の権利関係が改善されれば話は変わってきますが、もともと違法コピーなどを防ぐために生まれたシステムなので、難しいでしょう。

今後、電子書籍が広まれば「権利を得ているに過ぎない」ことを、今よりも意識しなくなります。買った本が急に読めなくなってトラブルになる、という事態を防ぐためにも、電子書籍の構造についても広めていく必要があるでしょう。

△PAGE TOP