共有型の本「電子書籍」

「共有型」の書籍は名前に反して共有に不向き?
他の娯楽同様、スマートフォンやタブレットが普及してから、書籍にも共有型のものが出てきました。書籍そのものを買うのではなく「読む権利を購入する」というまったく新しい形の販売方法、それが電子書籍です。

日本では、まだいまいち浸透していませんが、アメリカなどではかなり普及しており、紙の本をあつかう書店の多くが閉店になっています。いずれ日本でも電子書籍が広まり、紙の本を買う人は今よりもさらに減っていくでしょう。

ただ、電子書籍は「共有型」というものの、共有という点においてはなにかと不便です。まず、購入したアカウントでしか見られませんし、コピーもプリントもできません。以上のことは、書籍だけでなく共有型全般に言えることです。

ひとつのデータを無数の利用者に提供する、という仕組みであるために、違法な行為を防ぐ目的で、どうしても使用を制限しなければなりません。共有型は、現状ではかえってコンテンツの使用方法に広がりをもたせられないようです。

しかし、これから共有型の娯楽に合わせて法整備がおこなわれ、権利に関する問題も解決していけば、あり方は変わってくるでしょう。将来的には、違法行為を防ぎつつも、ある程度自由度がある共有型になることが望まれます。

△PAGE TOP