共有型はマイナーなミュージシャン人気も高める?

なにを聴いても料金は同じだからこそ、興味も広がる
共有型の音楽は、定額制で聴き放題なので、一見するとミュージシャンの利益を減らすものに思えます。ですが、もしかするとまったく逆の効果、つまりミュージシャンの利益を増やすものになる可能性があるかもしれません。

定額制ストリーミング配信のいいところは、いくらでも曲が聴き放題だということです。そして「聴き放題」は無料で色んなものが手に入っているようなお得感があり、どんな音楽だろうと試しに聞いてみようという気にさせます。

ですから、まったく知らないミュージシャンや興味のなかったジャンルの曲を聞くのにもためらいがありません。買い切りの場合、どうしても「ハズレ」だったときのことを考え、人から勧められても二の足を踏んでしまいます。

ですが、定額制のストリーミング配信なら話は別です。たまたま小耳にはさんだようなミュージシャンでも、試しにアルバムを聴いてみようという気になります。よって、今まで埋もれていた音楽にも注目が集まるようになるでしょう。

もちろん、配信する側の協力は欠かせません。聴いている音楽から好みの音楽をもってくるというシステムではなく、ときにはまったく今日のないようなジャンルの情報も提供できるよう、今後改善していく必要があるでしょう。

△PAGE TOP