配信サービスの時代にミュージシャンは食べていけるのか?

実は販売形態は、ミュージシャンたちの売り上げに影響しない?
これからの時代、音楽配信サービスが主流になることは想像に難くないですが、果たしてミュージシャンは食べていけるのでしょうか。というのも、CDやダウンロード販売の売り上げが落ちる可能性が大いにあるからです。

多くのメジャーなミュージシャンは、レコード会社に所属しているので、おそらく大丈夫でしょう。しかし、インディーズで活動しているような、個性的かつマニアックに自分たちの音楽を活動している方々は違います。

数少ない収入源である曲が売れなくなれば、活動自体が難しくなるかもしれません。しかし、よくよく調べてみると、インディーズで活動している個性派の方々は、むかしから音楽だけで食べていけてはいなかったようです。

もちろん、配信によって売り上げが落ちるミュージシャンも確かにいることでしょう。ですが、時代の転換期に問題が起こるのは普通のことですし、少しすればミュージシャンがうまく活動できる仕組みも作られていくはずです。

結論として、配信サービスになってもミュージシャンは食べていける、と言えるでしょう。ただ、配信になったことで生まれる損失をまかなうようなものを、レコード会社やミュージシャン自身が考える必要はでてくるかもしれません。

△PAGE TOP