日本の「共有型音楽」の先駆け

音楽配信の前身とも言えるいくつかのサービス
海外ではSpotifyなどがApple Musicなどに先駆けて音楽配信サービスをおこなっていました。日本でもAWAやLine Musicなどの音楽配信サービスがはじまる前から、先駆けとなるものが実は存在していたようです。

なにかといえば、ニコニコ動画にあるヴォーカロイドを用いた曲です。ニコニコ動画内にアップロードした曲を、会員になった人々が無料で聴くことができるというシステムは、まさに共有型の音楽以外のなにものでもありません。

上記の意味で言えば、You Tubeも共有型音楽の先駆けと言えなくもありませんが、大半はプロモーション目的のものばかりなので少し異なります。配信型のはしりという意味では、My SpaceやSound Cloudなども挙げられるでしょう。

My Spaceや Sound Cloudはミュージシャン自身によって配信されていたものがほとんどあり、曲をフルで聞けないものもありました。まだ配信するという考えが定着していなかったので、宣伝以上の役割はなかったようです。

なんにしろ、これから先は共有型の音楽サービスがメインとなることは間違いありません。そして、変化したサービスの形態に影響されて、音楽そのものも現代にあった形の流行や宣伝の仕組みを構築していくことでしょう。

△PAGE TOP